堺市内の避難場所

風水被害や地震など地域の方が安全な場所として避難する場所は堺市内の色んな地域にあります。市内には風水被害時と地震被害時に分け避難場所を設けています。風水被害時において避難する場所は、市内にある各小学校を中心に設けています。小学校は17もの小学校、中学校は4校、高校と大学はそれぞれ1校です。それぞれの場所は市内を東西に横断する大和川に設けられています。風水被害時に避難する場合は、あらかじめ避難する場所を確認しておくことが大切です。避難する場所は市内の広報でも公開しており、WEBサイトでもe-地図帳と言う地図の表示とともに確認することができます。震災時における避難する場所は中学校と高校を中心に設けています。中学校は3校、高校は2校です。そのほかにも勤労者総合福祉センターと大浜体育館に設けています。震災時に困らないためにも市内のWEBサイトまたは広報で事前に確認し、自宅からどの場所にあるのかを知っていくことが大切です。